RBリスクベネフィット東北支部

24時間・年中無休対応
0120-337-867

施工事例

トップページ>施工事例>秋田市でマンション火災が発生!残置物処分から消臭までの日数とは?

秋田市でマンション火災が発生!残置物処分から消臭までの日数とは?

まさかうちが火事になるなんて……。

火事はまさかの連続です。火災が起きること自体「まさか」ですし、後始末も「えっ!?まさか」ということがあります。

例えば、残置物の処分。普通、ゴミは燃えるゴミは燃えるゴミの日、燃えないゴミは燃えないゴミの日というようにルールがあって、規則に従って捨てますよね?

しかし、火災で燃えた場合は違います。

土壌汚染を防ぐため特別産業廃棄物として処分したり、市区町村によっては罹災ゴミとして処理するよう決まっているんです。

ゴミひとつとっても、こんな風に素人にはわからないことばかりです。

火事は火災に遭った時より後始末の方が大変だと実感しました。

また臭いも想像以上にひどいです。

焚き火や野焼きをして、「臭い」と感じる経験をしたことがあるかもしれません。

火災で発生する臭いは焚き火や野焼きのようなものではありません。

しかも火事を消火した後も何日経っても焦げた臭いが残ってしまうんです。

私の家はマンションなので、悪臭でとても迷惑を掛けていました。

 

対処に困り、業者探しをすることに…

一日でも早く処理するため、ネットで業者を検索しました。

残置物処分業者や消臭業者はたくさん出てきますが、火事で燃えた物は地域ごとに処分方法が違います。

なので、火災の残置物処分と消臭の専門で実績のある業者を選ぶことにしました。

そこで見つけたのがリスクベネフィットさんという会社でした。

リスクベネフィットさんは、特殊な現場の清掃や消毒を専門に行う会社で全国展開しています。

東北支部があり、施工事例の中に私の住む秋田のものやマンションの事例がありました。

また作業の日数を聞いてみると、一週間以内に引き渡し可能とのことでした。

実績も豊富で、一週間以内で作業が完了するので、リスクベネフィットさんに依頼することにしました。

 

残置物処分から消臭までの作業内容と日数

①残置物の処分

残置物の処分は、特に細心の注意を払って対応いただきました。

現場に入る前に、階段や手すりや側壁にシートを貼って、残置物やスタッフの靴の底についた煤や灰が他の所に落ちないような措置を取ってくださいます。

また燃えた残置物を金属類やガラス片などに手作業で分別して土のう袋、ビニール袋に袋詰めし、それを通路や階段から運び出してくれました。

残物処理には???日かかりました。

 

②煤清掃

残置物を運び出した後、天井や壁に付いた煤の除去が行われました。

ひどい箇所はケレンして削ぎ落としてくださいます。

煤には有害物質が含まれ、臭気の原因になるので、徹底的に除去する必要があるとのことです。

煤を除去した後は、有害物質分解専用薬剤を散布して有害物質と臭気を分解してくださいました。

煤清掃には???日かかりました。

 

③特殊コーティング作業とオゾン燻蒸の消臭

次に、特殊コーティング作業で臭気を封じ込めてくださいました。

コンクリートの場合、煤を全削り落としと費用が高くなるので、費用とスピードの面で特殊コーティングを提案してくださいました。

そして仕上げにオゾン燻蒸。

リスクベネフィットさんの特許技術のオゾンショックトリートメント法Ⓡは、消臭効果が高いそうです。

特殊コーティングには???日かかりました。

 

リスクベネフィットさんは、汚染を意識した細心の残置物処分、特許技術を駆使した消臭に尽力してくださいました。

残置物処理から消臭まで、トータル???日で終わりました。

一週間以内に引き渡し可能と言った通り、見事???日で引き渡してもらえました。

納期を守るプロの仕事で、リスクベネフィットさんに頼んで良かったです。

おかげさまで、悪臭もすっかり消えました。本当にありがとうございました。

  • 作業: 火災現場清掃
  • 人数:
  • 日数:
  • 参考費用: 円(税込)