RBリスクベネフィット東北支部

24時間・年中無休対応
0120-337-867

施工事例

トップページ>施工事例>青森市で孤独死が発生…。腐乱臭を取り除く方法とは?

青森市で孤独死が発生…。腐乱臭を取り除く方法とは?

作業前の状態です。
中に進んでいきますとカーペットが汚染されております。
カーペットを除去するとご覧の通りです。
貴重品も見つかりお渡しさせて頂きました。
パンサーを使いオゾンショックトリートメント法®で消臭します。

兄がアパートで孤独死してしまった…。

警察から一本の電話があり、兄が亡くなったと聞かされました。

兄は長年一人暮らしをしていましたが、お互い自分たちのことで忙しく、ここ数年はほとんど連絡を取っていませんでした。

また、兄はご近所付き合いもしておらず、頻繁に連絡を取り合う知人などもいなかったようです。

そのため、亡くなってから発見されるまでかなり時間が経ってしまっていたのです。

兄の遺体は腐乱し、異臭を放っていたそうで、「このままでは退去の手続きも進められない」と伝えられました。

兄の最期について聞かされ絶望的な気分でしたが、原状回復をしなければなりません。

そこで特殊清掃業者を探し始め、色々な業者を見てみました。

そして、中でも施工例や作業の様子の写真などが細かく載っていてわかりやすかったリスクベネフィットさんに話を聞いてみることに。

検索していたのが夜だったので翌日まで待とうか悩んだのですが、相談は早い方がいいと思い、その場で電話をしてみると…。

「明日には伺えます!」と快く仰っていただき、お願いすることにしました。

 

孤独死の清掃で腐乱臭を取り除く方法は?

リスクベネフィットさんは現場へ到着すると、部屋に入る前にドアの前で手を合わせてくださいました。

大変なお仕事であるにもかかわらず、亡くなった兄にも敬意を払ってくれていることが伝わります。

なお、腐乱臭のある部屋は、以下の通り清掃していただきました。

  • 遺体があった場所の清掃
  • 殺菌消毒と消臭

私の体験を元に、以下で詳しく紹介しようと思います。

 

①遺体があった場所の清掃

まずはリスクベネフィット様オリジナルの薬剤【RB酸水】機材【パンサー】を使用して除菌を行うとのことでした。

兄はベッドからカーペットへ移動しようとしたときに突然亡くなったのか、ベットからカーペットにかけて大きなシミができていました。

さらにそこで腐乱してしまったため、カーペットだけでなく床まで体液が染みてしまっているようです。

そのため、リスクベネフィットはカーペットを剥がし、丁寧に梱包し処分してくださいました。

カーペットを剥がしたところを見ると、人型の跡がくっきりとついてしまっていたようです…。

私は、その話を聞いて「兄はこんな風に亡くなったんだな…」と改めて悲しくなりました。

その後、リスクベネフィットさん専用の【タロウ】という汚染物専用洗剤を使用し、何度も拭き上げを行ってくださいました。

②殺菌消毒と消臭

汚染箇所の清掃が終わると、最後に消毒剤を散布してショックトリートメント法®という方法で殺菌・消毒するとのことでした。

ショックトリートメント法®は、オゾン発生機を使用して部屋全体をオゾンの力で徹底的に消毒する方法だそうです。

このときに使用していたオゾン発生機は、特集清掃の業界でも最高峰の機械とのこと。

これで作業前は部屋の外まで漂っていた腐乱臭も、ほとんど気にならなくなりました

オゾンのにおいは残っていたのですが、「これは換気を繰り返せばなくなるものです」と説明してくださったので安心しました。

 

リスクベネフィットさんによる清掃作業は2時間ほどで終了しました。

もっと時間がかかると思っていたのですが、テキパキと作業を進めてくださったおかげで作業後すぐに部屋に入ることができ、他の兄弟と一緒に遺品整理を行うことができました。

おかげで兄との思い出に浸りながら、最後の別れをすることができました。

リスクベネフィットさん、この度は本当にありがとうございました。

  • 作業: 特殊清掃(悩むなパック)
  • 人数: 1人
  • 日数: 1日
  • 参考費用: 84,964(税込)円(税込)