RBリスクベネフィット東北支部

24時間・年中無休対応
0120-087-867

施工事例

トップページ>施工事例>離れて暮らすお父様が孤独死!!

離れて暮らすお父様が孤独死!!

故人様の冥福を祈り合掌して入室します
消毒液を散布していきます
布団に体液の染みが残っています
汚染物を撤去します
畳はラッピングします
体液は洗浄します
消臭剤を散布
オゾン燻蒸で仕上げます
体液除去し簡易消臭完了です

一人で暮らしていたお父様が孤独死されたそうで、ご家族からご連絡です。
10年以上前に奥様を亡くされお一人で生活してきたそうです。

お子様はみな離れて暮らしており、ご逝去に気がつくのが遅れてしまったようです。
奥様が亡くなった後はご近所との付き合いもあまりしていなかったのも発見が遅れた原因かと思われます。

孤独死の男女比は男性が7割、女性が3割といった統計があり男性が圧倒的に多い傾向にあります。
男性の方が社会とのつながりが希薄になりやすいようです。

今回の案件も発見まで3週間が経過しており、布団にはくっきりと人の形の体液が残っているそうです。

ご家族はお父様の逝去に大変心を痛めており、ショックを隠せません。
それでもお部屋からの臭気で近所に迷惑を掛けてしまっているので、まずは部屋から漏れている臭気をなんとかして欲しいとのご要望でした。

お部屋の汚染物を撤去しない限り臭気は収まりません。
当社の悩むなパックにて体液、汚染物の除去、オゾンガスによる簡易消臭作業をさせて頂くことになりました。

故人様の冥福を祈り入室前に合掌させて頂いていますが、入口まで同行されたご家族様も一緒に手を合わせてくださいました。
お客様はここで一旦お帰りになりスタッフのみで作業致します。

孤独死の現場には体液やハエ、蛆虫といった害虫が発生している場合が多い為作業前の消毒は欠かせません。
当社オリジナル消毒剤のRB酸水で消毒をしながら進みます。
室内を進んでいくと体液が逝去場所ではない廊下や玄関にも付着していました。

これは警察の方などが入室しご遺体を運び出した際に体液を踏んでしまい、そのまま移動したためかと推測されます。

体液を踏んだ靴には体液が付着し汚染されており、歩き回ると汚染範囲が拡大する為体液を踏まないよう細心の注意を払います。

ご逝去されたのは寝室のお布団の上だったようで、お布団に体液が残っていました。
まずは臭気や害虫が発生する原因となっている体液の浸みた布団を撤去します。

布団を撤去すると体液が下の畳と畳の下の床まで浸みてしまっています。
畳は体液を吸っており臭気も強い為ラッピングして廃棄に備えます。

畳にもはっきりと体液の跡が残っていますので、外から見ても分からない様処置しておきます。
畳の下まで浸みた体液は少量でしたので洗浄にて対応します。

体液のついた汚染物を撤去し床の洗浄を行い臭気は半減しました。
更に臭気を落としていくため当社オリジナル消臭剤の「ダンボ」を散布します。

仕上げにオゾンショックトリートメント法による消臭を行いました。
体液が浸みた部分にオゾンガスが行き渡るよう、消臭機の設置場所にも気を配ります。

2時間ほどで作業を終えご家族様が確認に来てくださいました。
当初入室をためらっていましたが、臭気が落ち着いたことで入室頂けました。
銀行の通帳や大事な書類がどこにあるかも分からないので、これから捜索すると仰っていました。
大変お喜び頂き納品となりました。

  • 作業: 特殊清掃
  • 人数: 2人
  • 日数: 1日
  • 参考費用: 86,663円(税込)