RBリスクベネフィット東北支部

24時間・年中無休対応
0120-087-867

施工事例

トップページ>エリア>宮城県仙台市の工場火災で解体費用を抑える作業方法とは?

宮城県仙台市の工場火災で解体費用を抑える作業方法とは?

高所作業車搬入
煤清掃作業
煤清掃作業2
煤清掃作業3
煤清掃作業4
煤清掃作業5
養生作業
有害物質測定作業

大切な工場でまさかの火災。泣く泣く解体することに…

 

ある日、工場にある照明器具から突然の出火で火災が発生。火の手が大きく工場は全焼してしまいました。

 

突然の出来事に呆然としていましたが、いつまでもそうしているわけにはいきません。工場再建に向けて、全焼した工場を一度解体することになりました。

 

そうして、インターネットで解体業者を調べていた時に、目に止まったのがリスクベネフィットさんです。

 

ホームページを見たときに火災清掃の専門としてきっちりこなしてくれそうなイメージと解体業などの許認可も取得しているということでお願いすることにしました。

 

ただ気になるのは解体の費用。こちらの要望としては「工場の再建もあるため、誠に恐縮なお話ではありますが、できるだけ安く抑えたい」という旨をお伝えしました。

 

従業者の方からは「火災専門の解体業を通して培ってきたスキルを生かし、ご要望に添えるよう全力を尽くしますので、おまかせください。」と一言。

 

まさか火災が起きるなんて、全く考えていなかったものですから、何の知識もなく不安が募っていた私には従業員の方の言葉がとても心強く、安心できました。

 

そして、ここからが本題です。

 

「解体費用はおいくらくらいになりそうですか…」と具体的な金額を恐る恐る聞いてみたところ「この規模の工場の内部解体を行うのであれば、450〜500万円くらいですかね」との回答が。

 

詳しく話を聞いてみたところ、解体工事そのものよりも、再利用できない建材をごみとして処理する際に発生する費用が高額だということを初めて知りました。

 

建材の処理に費用が発生するということは、建材の材質や重量によっても金額が変わってくるということです。

 

工場の場合は、鉄骨や鉄筋コンクリートが使用されていることが多いため、木造の場合よりも坪単価の費用が高くなることがほとんどです。

 

さらに、工場は産業廃棄物などが出る可能性もあるので、その場合は料金が割高になってしまうという旨の説明も受けました。

 

リスクベネフィットさんでは、見積もりの際に「どうしてこのような金額になるのか」といった内容を全てご説明いただき、こちらの疑問も解決した上で作業をお願いできたので、とても安心できます。

 

中には、明らかに相場よりも低い金額でサービスを提供しますと案内してくる業者もいるという話も教えていただきました。

 

そういう甘い話は、提案してきた価格のままでは制限が多くて、結局オプションをつけなければ希望のサービスを提供してもらえないというカラクリつきの場合があるらしいので、気をつけた方が良さそうです。

 

リスクベネフィットさんに出会えていなければ、今頃は私も悪徳業者に騙されていたかもしれません。

 

あの時、たまたま検索でリスクベネフィットさんのホームページにたどり着けて良かったと思います。

 

無事に工場の再建もできて、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

  • 作業: 火災現場清掃
  • 人数:
  • 日数:
  • 参考費用: 円(税込)